インド、100ドルPCプロジェクトへの協力を断る

インド、100ドルPCプロジェクトへの協力を断る 1インドが、MITメディアラボの「One Laptop Per Child」への協力を断りました。

1台わずか100ドルのノートPCを開発し、それを世界中の子どもに配布しようという「One Laptop Per Child(全ての子どもにノートPCを)」プロジェクトが、米マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボのニコラス・ネグロポンテ名誉会長によってすすめられています。

しかしインドの教育省によれは、ノートPCは「教育上の効果が疑わし」く、さらに「我々に必要なのは、ノートPCのような派手なツールではなく、教室と教師だ」とのこと。

また、「ネグロポンテ教授のアイディアは、十分に練られた検討に値するものにはなっていないのではないか。その証拠に主要な国はどこも参加していない。アメリカ国内を見ても世論が熱狂的に賛同しているとは思えない」とも発言しました。

先日、同プロジェクトに賛意を示したナイジェリアが100万台の注文を行いましたが、このプロジェクトは500万台~1000万台の注文を達成するまでは成り立たず、PCの出荷もされないそうです。

India rejects One Laptop per Child [The Register - Thanks Manu!]

【関連記事】 インドの航空会社が「空のオリエント・エクスプレス」実現へ

【関連記事】 「ecstacy」「Cannabis free」:怪しい!天然ハーブのニコチンフリータバコ

【関連記事】 パソコン1台丸ごと2台にできる! マイクロソフトの「Split-Screen」ソフトウェア