「Chumby」:何でもでき、改造し放題の未来型デバイス

chumby「Chumby」はとても斬新なコンセプトの情報デバイスです。ギーク世界のファービーやガンプラになる運命なのかもしれません。

パッと見はただのディスプレイに見えます。しかし、専用のサイトに自分のChumbyを登録すると…果てしない可能性が急に現れ出でてきます。

Chumbyユーザーは、サイトに登録されている無数のウィジェットから、好きなものをダウンロードして、この小さなデバイスをカスタマイズすることができるのです。例えばChumbyをWi-Fi接続できるようにしてFlickrにつなぎ、3.5インチのスクリーンに自分が撮った写真を表示してもいい。最新のGoogleニュースを表示してもいいし、ギズモードのヘッドラインを出してもOK。

MP3でいっぱいのUSBメモリを積んで、MP3ウィジェットを入れてもいい。Divxファイルを再生することも可能。画面の解像度は320x240ですが…。

また、Chumbyは、開発者による積極的なソフト/ハードのハッキングを認め、推奨すらしています。

基本的にChumbyは何でもやりたいことができる可能性を秘めています。恐ろしい事でもあるし、素晴らしいことでもありますね。計画通りに進めば、2007年3月に、気になるお値段$150で発売される予定です。

Chumby Home Page [Chumby Industries via Crunch Gear]

【関連記事】

第1回:ギズモードラジオ「卯月」(Chumby話題に)

140台のChumbyが恵比寿に大集合した「Chumby Night」

「AuraOrb」:見たいときだけ情報を表示するデバイス