昼は発電、夜は発光するガラス:シャープ「Lumiwall」

lumiwall2

 

某シャープが、目のつけどころがシャープな製品を発表しました。

「Lumiwall」は、薄いフィルム状の透明なソーラーパネルをガラスとガラスではさんだ製品です。

昼間の明るいうちはガラスにはさまれたソーラーパネルが電力を蓄積します。太陽光を透過するので、ちょうどスモークガラスのように、日の光を通します。

そして夜はLEDによる照明で、ソフトな光を放つ板になります。

2007年に出荷予定とのこと。

Sharp 'LumiWall': solar gets hip and translucent [thegreenguy, via treehugger]

【関連記事】 やたらとコントラスト比のある広視野角なシャープの携帯電話用液晶

【関連記事】 LED内蔵ガラステーブル、おしゃれかどうかは食べ物次第(動画)

【関連記事】 それ自身で明るさを調整できる天窓:Velux