マイクロソフト「TouchLight」:もうひとつのバーチャル・リアリティ・インターフェース

 

これは、マイクロソフトの研究者たちが開発した「TouchLight」です。

基本は既存テクノロジーの組み合わせなのですが、インタラクティブでユニークな機能を実現するに至っています。

複数種のカメラがホログラフィックスクリーンの後ろに設置されていて、使用者の動きをリアルタイムに記録しています。スクリーンに近づくと、自分の姿や自分が持っているものが投影されます。全く新しいタイプのアプリケーションに使える可能性があるとは思いますが、もちろん普通のタッチスクリーンとしてのさまざまな機能も持っています。

最近はこういうインターフェースの発表が相次いでいますね。数年後には実用化されそうな勢いです。

Microsoft's TouchLight 3D Technology [SlashGear]