それ自身で明るさを調整できる天窓:「Velux」

それ自身で明るさを調整できる天窓:「Velux」 1

 

外から入ってくる光量を自在に調整できるガラス、だそうです。

Veluxが今年後半から出荷するこの天窓は、エレクトロクロミック処理がほどこされ、中に電気を通す薄い膜が貼ってある、特殊なガラスを用いています。電気を流すと膜が反応して、太陽光や熱を遮断してくれるという仕組みです。

これを使えば、室内の明るさ調整が手元でコントロールできるので、シェードやブラインドが不要になります。

先週紹介したLumiwallのような製品(太陽光を動力として発光する透明ガラス)と組み合わせれば、昼も夜も窓から部屋に入る光を完璧にコントロールできるようになります。

数十年後には、電球がこの世から消えているのかもしれませんね。

Product Page [Sage Electronics, via treehugger and EcoGeek]

【関連記事】 Tumi社の「Tumi Limited Edition PowerPack」:ソーラーパワーでガジェットの充電ができるバックパック

【関連記事】 BOBLBE-E「SOLAR DOCK for iPod」:太陽光で長時間再生

【関連記事】 「Plug and Play Solar Kit」:出先で発電