Neuros「OSD」:ハック可能なLinuxベースのビデオレコーダー

neuros_osd-thumb

 

オープンソースのビデオレコーダー、ですって。

Neuros社が発表した「OSD」は、linuxベースのメディアセンター。どんなソースからもビデオを録画でき、PCや携帯機器と連動することができます。

USBやイーサネットは使えるので、ネットワーク経由で他の媒体に記録することも可能。リモコンもついています。ビデオは720x480ピクセルを30 フレーム/秒で、S-videoまたはコンポジット入力端子を経由して取り込めます。

プログラムを書き換えて、ウェブサーバーとして使う、YouTubeのビデオを再生するなど、何にでも利用可能。C言語ベースでオープンソース。

その上、Neurosは特定ブログラムを書いた人に、以下の現金の賞金を出すそうです。● YouTubeまたはGoogleビデオブラウザ

  賞金:$1000

● Flickr写真ブラウザ

  賞金:$600

● Wi-Fiで、PDAかPSPを使った、ワイヤレス操作機能

  賞金:$500

● ラジオ用TiVoスタイルの機能。OSDでFM/AMまたは衛星ラジオを受信し、タイマー録音や放送中のラジオの早送り、巻き戻し、一時停止をする機能。

  賞金:$700

● OSDでのVoipフォン機能。USB電話をOSDにつないでPCに触ることなく操作、電話をかける機能。

  賞金:$500

なお、OSDはあくまでベータ版なので、出荷台数はたった200台です。気になるお値段は、Think Geekの割引込みで$160。

Neuros OSD Hackable Linux Video Recorder [Think Geek]