不審物を持って、街に出よう

sldevice不審物(Suspicious Looking device)」という名の製品です。

不審物の目的は、可能な限り「不審な物体」に見えること。持ち歩けば、すれ違う誰もが思わず眉をひそめるようなものであることが望ましいです。

だから、特に機能はありません。急に光ったりブザーが鳴ったりします。とにかくただひたすらに怪しい。

LEDと光学センサー、タッチセンサー、ブザーとモーターを組み合わせて作られたこの不審物を持って、飛行機に乗り込もうとしましょう。別室に連れて行かれ、いろんな機器で身体検査を受けたり尋問を受けたりできること請け合いです。

それにしてもこの雰囲気、どこどなく「ゴーストバスターズ」を思わせますね。そうか、あの映画の魅力は、怪しい科学道具たちにもあったんだ。

Product Page [via boingboing]