どこでもドア、実現へ一歩近づく

2006.10.10 17:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

doraまた一歩、テレポーテーションの時代が近づいてきました。

コペンハーゲンの科学者は、このたび、10億個単位の原子をある場所から別の場所へ、距離にして18インチ、光、量子力学、磁力、量子絡み合いというコンセプトを使って移動させることに成功しました。
教授によると、

「量子絡み合い」の状態を作り出す事も非常に重要なステップですが、他にもテレポーテーションを行うために必要なステップが2つあります。われわれはこのすべての3つのステップを成功させたわけです。つまり、量子絡み合い、量子測定、量子フィードバックです。

とのことです。科学者たちは今すぐ「どこでもドア」のように人間を転送することはできないと認めていますが、このテクノロジーは、データなら、前代未聞のスピードで転送し処理することを実現してくれるかもしれません。
待ちきれません。なんか元気がでちゃうなー。

Scientists teleport two different objects [Reuters] (Thanks, Mark!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア