ThinkPad新モデルがMIMOを標準搭載

ThinkPad新モデルがMIMOを標準搭載 1

レノボ・ジャパンのノートPCブランド「ThinkPad」の新モデルは、ついにMIMOを標準搭載しました。

MIMOとは、次世代高速無線LANとも呼ばれるIEEE 802.11nの基礎技術で、無線の通信速度で100Mbpsを超えることを目指して開発されています。2007年に予定されている11nの正式規格化を前に、11nやMIMO対応の製品がすでに市場に登場し始めていますが、ThinkPadでもMIMO標準搭載モデルを出してきました。

実際には今までの無線LAN技術がベースになっているので、すでに持っている無線LANアクセスポイントとの接続もOK。無線LANの利用は急速に普及しているだけに、今後もMIMOや11n対応モデルが次々に登場するかもしれません。(山沢健太郎)

Lenovo ニュース - Japan 2006-10-23 「ThinkPad」主力製品をリフレッシュ

製品情報