ドームハウス:食べられませんがエコです

ドームハウス:食べられませんがエコです 1

ヘンデルとグレーテルはお菓子のお家にうっかり誘惑されてしまいましたが

21世紀の僕たちは、うっかりこんなお家に誘惑されそうです。

とても美味しそうに見えますが、じつは発泡スチロールのお家です。

発泡スチロールは、ふつう発泡倍率50~60倍というたくさんの空気を含みますが、このお家は発泡スチロールの特性を残しつつ発泡倍率を20倍に抑え、建築構造材として適応できるように強度や堅さを持たせました。

木材の代替品としての使用、高い断熱性による省エネ効果により森林破壊を防ぎます。また、燃やしてもダイオキシンなどの有害物質も発生せず、フロンも出しませんので地球温暖化も防ぎます。さらにリサイクルも可能。

なんてローハスなお家なんでしょう。

まさに未来型環境共生の新素材ハウスですね。

気になるお値段ですが、500万円くらいで作ってもらえそうです。

ドームハウス[ via ジャパンドームハウス]