iTunes vs. Zune ソフトウェア対決:あなたはどっち派?

zunevitunes.JPG

iPodZuneの比較で外せないのがソフト。でもこればかりは、レーティングを全く使わない人もいるし、プレイリストを使わない人も…結局それぞれの使い方次第なところもありますよね? ザッと見てみましょう!

楽曲インポート: Zuneは設定時にiTunesのデータベースを自動インポート、プレイリストもZuneのデフォルトのフォーマットに変換してくれます。スマート・プレイリストはインポートできない…と思ったら、Zuneにはスマート・プレイリストはないようですねー。インポートできるのはプロテクトのかかってないiTunes 楽曲だけなので、iTMSその他のオンラインストアで曲をしこたま買った人は…残念!

あと、Zuneの場合、フォルダーに曲を直接ドラッグ&ドロップはできないので新規フォルダーを作って自動モニタリングするんですけど、これって新規フォルダー追加のたび全フォルダーをスキャンしなきゃならないので、人によっては煩わしいかも。

楽曲ストア: アップルはZuneより200万曲多いです。そのうち追いつくかもしれませんけど、今すぐ! のこと考えたらアップルでしょう。購入にはアップル会員アカウントやHotmail/Xbox 360 Marketplace専用アカウントが必要です。ZuneはZuneで聴き放題の有料プラン(月15ドル)があるのでヘビーユーザーはそちらがオススメ。ZuneではTV&映画は取り扱っておりません。

zuneitunesplayback.JPG

プレイバック: デフォルトのエコライザの初期設定で聴いてみた感じではZuneソフトの方がiTunesや同じMP3より音がよさげ。iTunesのエコライザもいじってみたけどZuneの音には追いつかない感じです。音は主観なので僕の耳がアレなだけかもしれないですけど(焦)。

zunesmart.JPG

楽曲転送&ローディング: iTunesはスマート・プレイリストがあるので好きな曲だけ拾って、おもしろい組み合わせでiPodにシンクして聴くことができます。1ヶ月前から3週間前の間に5つ星つけた曲? はいはい~! というノリ。

Zuneは(あれ?プラグ入れたらロックがかかっちゃったゾ)"Auto Playlist(自動プレイリスト)" を採用。 全楽曲クリテリア(再生回数、評価レーティングなど)っていうのがiTunes風なんですけど、この機能はちょっと見つけづらい…。Zuneの名前んとこで右クリックすると"Set up Sync(シンク設定)"が出てくるんですけど、そこでやっとリストが見れるんです。秘蔵機能? ある機能は、もっと見せなきゃねっ。

楽曲プレゼン: iTunesがカバーフローとアルバム、リストの3通り。 Zuneは全タイトルが見れるアイコン/タイルビューと詳細ビュー。あんまり違いは無いですね。楽曲オーガナイズ/プレイリスト: Zuneはフツーのプレイリストだけ。スマート・プレイリストが大好きな僕としては、ちょっと痛い。しかもZuneでプレイリスト見ようとすると詳細ビューだけでアルバム・ビューが出てこない。ここはiTunesに軍配ですね。もっともスマート・プレイリストが好きな人限定の評価ですけど。

zunesearch.JPG

楽曲サーチ: Zuneの方が断然スピーディー。ZuneはZune Marketplaceのデータベースをローカルでダウンロードするので、店舗内検索も速いです。自分のもってない曲をサーチする場合、ZuneのMarketplaceに自動的にリンクするので、有料聴き放題プランの人は特に一発でダウンロードできそう。

総論。スマートプレイリスト以外は大体同じですね。 iTunesには楽曲がもっとたくさん揃っているし、Zuneには聴き放題プランがある。 

ただiTunesの既存ユーザは、これまで買った曲や再生回数をZuneにインポートできないし、スマートプレイ機能やプラグインも消えてしまうので乗り換えはタイヘン。MacユーザなんかもOUTでしょう。

ま、そんなところで。  (編訳/satomi)

Zune製品情報 [Amazon]

iPod製品情報 [Amazon]