「Smart Plate」:「バーガーはそれぐらいにしておけ」としゃべる皿

「Smart Plate」:「バーガーはそれぐらいにしておけ」としゃべる皿 1

重量センサーが埋め込まれていて、自分がお皿に盛り上げた料理をどれぐらい食べたか追跡してくれる「Smart Plate」です。

ある分量まで行くと「そこでやめとけ」「意志の力はどこに消えた」など、まるでどこかで聞いたような台詞で警告します。ウクライナ共和国のHryhory Chausovsky博士の発明品。

「ふん、だったら、こうしてやれ」と、ポテチとかフレンチフライとか軽量級のカロリーの高いものばかり選んで盛る人もいるでしょう。そこで博士が開発したもう一つの発明品は減量ベルト「Smart Belt」

こちらは「結果」がすべてです。どんなに軽いもん食べようとウェストが太くなったらアウトで、警告が出る嫌なベルトです。 (編訳/satomi)

 

Smart Plate [via Techopolis]