クリスマスに疲れたらFestivus

1festivuspole

 

Festivus(フェスティバス)」というのはアメリカのお茶の間番組「Steinfeld」1997年12月18日放映分から生まれた12月の家庭行事です。

どっしりと重いクリスマスツリーの代わりに金属のポールを立て、しょうもないガラクタから相手が嫌がりそうなギフトを厳選。その年されてガッカリしたことを洗いざらい相手にぶつけ、最後は家長がダウンするまでレスリングで締め。まあ、聖夜の裏バージョンですねー。これが意外と放映後も熱心なファンの間で毎年励行されているんです。

そんな低速なフェスティバスですが、ポールがないと始まらない! というわけで、こちらの手作りポールは30ドル(180cmのものは38ドル)。日本じゃ買えないので興味のある方は写真見ながら作ってみてください。オーナメント引っ掛けるスキのない棒なら、まあ、なんだっていいです。

クリスマスの「あれもやってこれもやって」「ナイスにしなきゃ」「買わなきゃ」「喜んでもらわなきゃ」というプレッシャーに今週潰れかかってる方にはフェスティバス、おすすめです。

製品情報 [FestivusPoles - Thanks Keebler!]

(編訳/satomi)

【関連記事】 「東京坊主コレクション」:クリスマスに対抗する唯一の手段(動画あり)

【関連記事】 クリスマス ドレス for ニャンコ

【関連記事】 映画の悪役を善人に描いたクリスマス限定番組@DirecTV