PFU「Happy Hacking Keyboard Professional 2 墨」:渋いHHKB Proの墨色バージョン

PFU「Happy Hacking Keyboard Professional 2 墨」:渋いHHKB Proの墨色バージョン 1

 

HHKBと聞いて即座にハッピーハッキングキーボードと答えられる人」という質問を、「笑っていいとも」のテレフォンショッキングで客席に向かってしても、おそらくわかる人ゼロ。でタモさんストラップはもらえないと予想できます。

話がそれました。HHKBといえば、超省スペースキーボードの最高峰。テンキーだけでなく、ファンクションキーやカーソルキーまでもなくしたその潔いスタイルに、根強いファンが多いキーボードです(一部カーソルキー付きのモデルもあります)。特にファンクションキーをあまり使わないUNIX系またはMac系のユーザーは、長年愛用している人も多数見受けられます。

その最上位機種が、Professional 2。何がプロフェッショナルなのかというと、使っているキースイッチなのです。東プレの「RealForce」シリーズで世界中のキーボードマニアをうならせた、あの「静電容量無接点方式」を採用。コンパクトながらもフルピッチ、しかも打鍵感は最高と、三拍子揃った究極のキーボードなのです。

そのHHKB Pro2に、墨色バージョンが登場。これまで白、黒といったバリエーションはありましたが、墨というのは初めて。しかもUSBハブも2基搭載しています。ボディおよびキーが墨、刻印は黒。なんとも渋い配色。まさに男の一品です。

もっとマニアのために、もちろん刻印なしバージョンもご用意されています。「キートップの文字なんていらないぜ」というタッチタイプばりばりの方は、ぜひこちらを。お値段は24,990円です。(三浦一紀)

Happy Hacking Keyboard Professional2 墨 PD-KB400B[Amazon]