iZ(イズ)を不思議形状の赤外線リピーターに改造する

061226S5000858.JPG

 

みなさまの大好きなDIYのお時間です。

マッドサイエンティストの自宅にはこんな仕掛けがあるんじゃないかと。

セガトイズの「iZ(イズ)」というおもちゃをご存知ですか? iPodやCDプレイヤーなどの音楽機器に接続し、音に合わせて目を動かしたり内蔵LEDを光らせたりするというガジェットです。

このiZのお腹にドリルで穴を開けて、赤外線の受信機を組み込んだお父さんがいます。何のためにかって? このiZを赤外線リピーターにするためです。

彼は家の部屋中に、この赤外線リピーターを組み込んだiZを置いているそうです。で、彼に言わせると、これで「家のどこにいてもTiVo(米国で人気の、ユーザーの好みの番組を自動録画するハードディスクレコーダー)を操作できる」ようになったんですって。あらかじめiZとTivoをつないでおいて、iZで赤外線を受けて、それをTivoに渡してるんですね。

なんだかすごいです。ここまでくるとテレビ視聴も単に受動的とは言えなくなってくる気がします。

ところで、何故iZかって? まあ本人に聞けば、恐らくiZにはLEDがあらかじめ内蔵されているからとか言うでしょうが、基本的には山男が「そこに山があるから登るんだ」というのと同じ理由なんだと思います。

「続きを読む」クリック後に、IRを受けてLEDを点滅させるiZの動画を載せておきますね。

 

iZIRRepeater [via MAKE]