THERMOS「真空断熱パスタクッカー」:パスタを放り込んでおけば勝手にアルデンテ!

2007.01.20 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pasta

 
スパゲッティを茹でていて、お湯が吹きこぼれた経験ありませんか?
茹で上がったパスタがくっついていたり、湯で加減が思い通りにいかなかったりと、茹でるだけではありますが、いろいろと障害も多かったりしますよね。
そんな茹で下手さんの強い味方がこちら。

THERMOS「真空断熱パスタクッカー 勝手にアルデンテ」。

ネーミング通り、熱湯を注いでパスタを入れておけば、勝手にアルデンテの茹で加減が実現できるという、アイテムです。
要はカップ焼きそばの要領ですね。

使い方は「続きを読む」で紹介しておきます。

気になるお値段は、5250円。

THERMOS「真空断熱パスタクッカー 勝手にアルデンテ」Cataloger

 
【使い方】

pasta01まずは、塩を10g(小さじ2杯)入れ、沸騰したお湯を水位線まで注ぐ。テキトーにぬるいお湯は勘弁してください。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

pasta02そしてお好みの量のパスタを用意。最大で200gまで茹でることができます。ひとり分の目安は100gです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
pasta03パスタを投入! 茹で上がり時間は、投入したパスタのパッケージにある「茹で時間」+3分。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
pasta04本体にフタをして、取っ手でしっかりとロックしましょう。ガラス製魔法ビンの代名詞、サーモス製の真空断熱技術を利用しているので、内部温度もなかなか下がらないのだとか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
pasta05吹きこぼれなし、かき混ぜ不要で、アルデンテのスパゲッティが出来上がり!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
pastabook12種類の写真付きレシピもセットというのが嬉しいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
【関連記事】 「Al Dente」:おじさん型パスタタイマー
【関連記事】 移動キッチンで、いつでもどこでも快適料理
【関連記事】 読者に大評判のピッツァ簡易オーブン「Presto Pizzazz」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア