TOYフォーラム2007:そのころ、エポックブースでは

1月23日(火)、24日(水)に東京国際フォーラムで開催された「TOYフォーラム2007」のリポート第3回目です。今回は、エポック社のブース。

 

TOYフォーラム2007:そのころ、エポックブースでは 1

 

のぞいてみると、いきなりこんなのがいました。

月や地球のグラフィックをプリントした「お部屋はプラネタリウム」。特殊素材の風船にヘリウムガスを充填、ウエイトで微調整をすると宙に浮いたままとなります。こんな感じに、ほぼ完全な球体の風船を作るためは、かなり高度な技術が必要みたいですよ。

さらに、ブラックライトを当てると写真ように、プリントの一部が反応する仕組み。フツーに欲しいです。いっぱい浮かべたい。

「続きを読む」に、その他エポック社注目商品の写真と紹介文を入れておきます。 

 

TOYフォーラム2007:そのころ、エポックブースでは 2

 

「カウントアップ」「クリケット」など、ダーツバーにあるようなソフトダーツと同等のゲームがプレイできる「テレビダーツ」は、ゲーム進行の表示をNTSCで出力します。間違えて、テレビモニタにダーツを投げないように気をつけなければなりませんね。まあWiiコントローラほどの破壊力はないでしょうが。

 

TOYフォーラム2007:そのころ、エポックブースでは 3

 

いわゆる電子メール機能もなければ、そもそもネットに接続することもできない「スーパーテレビパソコン」。なぜあえて紹介したのかというと、このマウス、どうもUSBっぽいんですよ。他の人が使っていない、レアな入力機器が欲しいと思っている皆さんに、それをこっそり伝えたくって…。

ただしコネクタがUSBなだけで、実際の信号はUSB規格に準じたものではないかもしれません。悪しからず。

 

TOYフォーラム2007:そのころ、エポックブースでは 4

 

みなさまの大好きなうんちです。しかもヨーヨーです。メーバーでできているため、ぐんにゃりと、微妙な感触がこたえます。気になるお値段は200円。カプセルトイゆえに、他の色のうんちが出てきてしまうかもしれませんけどね。

エポック社