アカデミー授賞式でiPhoneのCM初登場!:Hello Oscars(動画)

 

夕べのオスカーはイーストウッド監督や菊地凛子や渡辺謙が見れて楽しかったですけど、iPhone初のCM(上)がいきなり流れたのにはビックリしましたねー。 

ハリウッドの名優28人が時空を超えて「ハロー」と受話器に話しかける映像が延々とテンポ良く続きます。「ん? なんのCMかな…?」と釘付けになったところでiPhone登場、「Coming in June(6月発売)」の3文字でフィニ~ッシュ!

おおお~。

ちょうどその頃、それまでタホの雪山で他にすることもなく嫌々友だちにつき合ってテレビを眺めていた米ギズモードのブライアン・ラム編集長も、俄然この30秒で目が冴えたようです(笑)。ガバッと起きあがって、56kの接続環境と古いパソコンのキャビンから夜中にせっせとこの原稿を書いてくれましたよ? 詳細は「続きを読む」でどうぞ。

 

報道によると、この30秒のスポットの制作費は170万ドル(約2億円)

 

アカデミー授賞式でiPhoneのCM初登場!:Hello Oscars(動画) 1

 

気付かなかった人もいたかな? スクリーン左上のロゴがシンギュラーから新社名のAT&Tに切り替わってますよ? あと、こ~れは米ギズモード編集部の千里眼リチャード・ブレイクレイ以外、誰も気付かないと思うんだけども表示時刻は従来の「10:15」から「10:12」に巻き戻ってマス。「タイムマシンだ!」とリチャードはひとり興奮状態ですけど…。

 

070226numbers-thumb.JPG

 

10:12が10:15になることに何か深い聖書の意味があるんでしょうか…? …ああ、いけないいけない、キャビンから出て外の空気吸ってこなきゃ。こういう細かいのはマック信者のみなさんに任せておきましょう。

ところで細かいと言えばCMに登場する名優の名前が全部言える人、います? 時代とかスタジオとか、なにか起用する俳優に共通のパターンはあるんでしょうか…? もし何か分かった方はコメントに残してもらえると嬉しいです。

この第2スロットの視聴者は4千万人だそうです。ハリウッドとアップルの小さいけど素晴らしいコラボでした。こんな風に動画配信でもコラボのマジックをもっと見せてほしいですね。  (編訳/satomi)

Apple iPhone Oscars Ad [myiphone]