寿司の宇宙食化、元気に進行中!

寿司の宇宙食化、元気に進行中! 1

 

富山の駅弁としておなじみ「源のますのすし」。これを宇宙食化しようという試みが進行中です。

宇宙食として採用される条件のひとつにあるのが、常温保存での賞味期限が1年はあるということ。駅弁の「ますのすし」の賞味期限は2日なので、180倍近く伸ばす必要があるのだとか。これは日本の技術力をもってすれば、なんとかなりそう。

そして、条件のもうひとつが「300種類ほどある『宇宙食リスト』の中から宇宙飛行士が選んだ食品」。要は人気がなきゃダメってことですか!? 自己アピール力も必要なようです。(常山剛)

100周年事業 源のますのすし、宇宙食への挑戦。[masu-uchu.com]