水中ロボコン'07:通常の3倍速い!? 赤い精子(動画)

水中ロボコン

 

膠着する少子化対策を打開するために開発されたのかも知れません。

 

 

卵子に向かって勢いよく泳ぐ精子のような熱い泳ぎっぷりで、しかも頭部は赤。赤い彗星と呼んでもいいでしょう。

こちらは3月24日(土)に東京辰巳水泳場で開催された「水中ロボコンin辰巳'07」での風景。水中ロボットをはじめ、様々なラジコン潜水艦が実際に水深5mのプールの中をデモ潜水しました。

東京理科大の稲垣研究室が開発した、このロボットは「ウナギ型水中推進ロボット」。頭部に受信機など制御部分、そして尾にサーボモーターを搭載し、うねることで推進、方向転換を行のだそうです。

そして、水中で動かすために特注で製作したというのが、赤とグレーのドライスーツ。口のようにも見えるチャックを閉めると完全に水の浸入を防ぐことができます。現在は泳ぐことしか出来ませんが、今後潜ることもできるように改良を進めていく予定だそうです。

改良されてもこの形状と動きは継承していって欲しいものですね。  (野間恒毅)

機械工学科・学科紹介 [ 東京理科大学 ]

['07水中ロボットコンベンションin東京辰巳国際水泳場]