手づくりで磨き上げたマホガニーの車

手づくりで磨き上げたマホガニーの車 1

 

匠の技、ここにあり。

Friend Woodさん(仮名)が2000時間かけて作った三輪オートの逸品「Tryane II」です。マホガニーの落ち着いた深みのある艶が、なんとも言えずゴージャス。

小さなころから飛行機やボートの模型を組み立てて育ち、熱気球もやるフレンドさんは生まれつき手先が器用な人で、家具の会社で働いた経験もあるようです。

一番苦労したのは型に薄板(厚さl.5mm)を3重に貼り付けるところで、これだけで600時間もかかったそうですね。使ったホッチキスは2万個。これは接着剤が乾いた後に取り除きました。

Citroen 2CVのエンジン搭載。最高時速160km。重量400kgの超軽量。空気抵抗を抑えたデザインのせいか、燃費はガロン70~90マイルという超節約型ということです。すばらしい。(編訳/satomi)

How he did it [Friend Wood, via Born Rich]