Andy Huang「Doll Face」:美の存在に気づき、それを求めるロボットの…(動画)

こんなに切なくて美しい作品なのに、作ったのはまだ23歳の学生だそうですよ。

彼の名はAndrew Huang。南カリフォルニア大学で現代芸術とアニメーションを専攻しながらも、同時にroot filmという会社でプロとしてキャリアを積んでいるんだそうです。

この「Doll Face」という作品も、とてもポストモダンな印象で、画のクオリティも高く、伝わってくるメッセージも繊細。素敵です。ギズモード編集部は彼の才能の前にただただひれ伏すのみです。

root filmのサイトで彼の過去作品も見れるので、興味がある方はぜひ。

Doll Face [Andy Huang]

root film

【関連記事】 アートなロボット

【関連記事】 クリスタルの中に自分の顔を3Dで掘り込む

【関連記事】 NVIDIAによる、バーチャル3Dセレブ(動画)