持つだけでスウェーデンのグラフィックデザイナーに見えるリコー「Caplio GX100」

070329capliogx100.JPG

 

ま~こちらは、どう逆立ちしたってアジア人ですけど、

アメリカ人は咄嗟に、そんなことを連想しちゃうようですね。

リコーより4月20日に新発売されるデジカメ「Caplio GX100」です。

プロの写真家・横木安良夫氏が撮った写真はこちら(←反響のコメント多数)。

1001万画素CCDに24~72mmレンズ、2.5型約23万画素液晶モニター、2.5" TFT、3倍ズーム、F2.5-4.4、RAW DNGサポート…などなどハイエンドな機能を1インチの薄型ボディにきっちり収めました。

持つだけでスウェーデンのグラフィックデザイナーに見えるリコー「Caplio GX100」 1ありがちなG8の光沢ブラックではなく、Ricoh GRDのレトロなスタイルを継承。

なんといってもユニークなのはデジタルカメラ初のチルトができる着脱式液晶ビューファインダー「VF-1」(同梱)でしょう。物言わずセンスよくプロ並みに仕事をこなしてくれる有能な働き者、といった風情ですね。背面の写真は「続きを読む」でどうぞ。  (編訳/satomi) 

070329capliogx100-2.JPG

 

Ricoh announces GX-100リコー、24mmからのズームと手ブレ補正機構搭載の「Caplio GX100」大人げないっ!

リコー  RICOH Caplio (キャプリオ) GX100 VF KIT
RICOH Caplio (キャプリオ) GX100 VF KIT

持つだけでスウェーデンのグラフィックデザイナーに見えるリコー「Caplio GX100」 2

【関連記事】

最新鋭の機能をクラシカルな外装に凝縮したコンパクトデジカメ「GX200」発売!

いつもデジカメを持ち歩いていた方がいい理由

安くて軽くてよく写る! 家族向けデジタル一眼「EOS Kiss F」をオススメしたい10の理由