GoogleデスクトップMacOS X対応版を使ってみた

070406googledesktopmacosx.JPG

 

シリコンバレーではアップルとグーグルは公認の仲。

「Mel's Drive-In(※)」で一緒に食事したり、アップルの父ちゃんのガレージ(どっち?)で何やらやってるようですねー。

さらに交際を深めたいんでしょう。グーグルが「GoogleデスクトップMac OS X対応版」(英語)を出しましたよ? アプリ、メール、PDF、ウェブ閲覧履歴、Spotlightのプラグインに対応する全ファイルをインデックスして、削除済みファイルまで追跡してくれる検索ソフトです。僕が使ってるPowerBookのSpotlightよりは遅い感じ(UniversalアプリケーションのMacBookではまた結果が違うかもしれませんけど)。

ベータにしては安定していますね。

感想は「続きを読む」にまとめておきましょう。

※ Mel's Drive-In:ジョージ・ルーカス監督が映画『アメリカン・グラフィティ』でロケ地に選んで倒産の機器から救ったサンフランシスコ生まれのファミレス・チェーン。味はデニーズとどっこいかな…(URL)。

 

googledesktopmac(全9枚)

GoogleデスクトップMacOS X対応版を使ってみた 1GoogleデスクトップMacOS X対応版を使ってみた 2GoogleデスクトップMacOS X対応版を使ってみた 3

 

設定手順はカンタン。設定用アプリにはMac OS Xで使えるグーグルのアプリ(今の段階ではGoogle Desktop、Google Earth、Gmail着信アラート、Picassaアップローダーですね)を“explore”してインストールできるパネルまで入ってます。

インストール後は“Command/Apple”キーをダブルタップするとウィジェット(Dashboardではないインディーのアプリですね)がトップに表示されます。検索タームは1文字でも入力すると検索が始まる…これはSpotlightと一緒。リスポンスはいいですね。

ウィジェットには検索結果上位10件が出てきますけど、これはAppleのシステム・プレファランスのプレファランスをいじれば15件に変更も可能ですし、ここでGメール認証を設定するとローカルとネットのメールをひとつのウィンドウでまとめて見ることができます。

プレファランスでメニューバーのアイコンを起動すると、Safariなど他のブラウザからもGoogleデスクトップにアクセスは可能ですね。削除したファイルも検索できるのは、おそらくSpotlightでもLeopard辺りから実現しそうな予感がします。

総論:安定してます。試してみるだけの価値はありそう。  (原文/翻訳:satomi)

Download page [Google - thanks Oscar!]