「Phyno」:癒し系コミュニケーションロボ

「Phyno」:癒し系コミュニケーションロボ 1

 

「動物型ロボット」は、日本のお家芸ですね。

ユウビ造型が開発した「Phyno(フィノ)」は、マイクとカメラを搭載し、声で命令してやると察知してくれるというコミュニケーションロボット。

首や手、胴の動作は愛嬌があるとのことです。どのように動くのかは不明ですが、形からするとペンギン系な予感がしません?

ペンギン型癒し系ロボという新境地を開拓してくれることを願います。

気になるお値段は80万円です。  (常山剛)

ユウビ造型[via ロボナブル]

【関連記事】 「花ことば」:植物の言葉を翻訳する小人

【関連記事】 火種をにおいで嗅ぎ分けるロボ「ユビコ」です。

【関連記事】 SEGA TOYS「いやし房」:サラウンドスピーカー内蔵の木炭