進化するコンピュータとジェフ・ホーキンス

070407endoftheworld.JPG

 

左は先日ご紹介した「進化するコンピュータ」を作ったオスロ大のKyrre Glette君とJim Torrenson教授。真ん中はパーム創業者で『考える脳 考えるコンピューター』著者でもあるジェフ・ホーキンス氏です。右? 右はただ人類滅亡を企むロボですな。

ホーキンス氏はベンチャー企業Numenta社で人間の脳そっくりのソフトを作った人(少なくともそう話しています)ですけど、今回オスロの2人が開発した「進化するハードウェア」も従来のAIの限界を破るアプローチになりそうだ、ということで、並べてみました。

 

070407evolution-hardware.JPG

 

2004年の実験第1弾は歩行を学習するニワトリでしたけど、進化するハードウェアではAIを通して世界を理解するのではなく、バリエーションをランダムに種の段階から試していってベターなオプションを選択し、その繰り返しで進化していきます。ベストな道程をたどることで特定の問題に最適なソリューションを割り出すんですね。

 

進化するコンピュータとジェフ・ホーキンス 1

一方、ホーキンス氏が提唱するNumentaのソリューションは人間脳のように思考する機械を作って、AIが知覚情報を識別し周囲モデルを構築する試み。氏が所長を務める非営利団体「レッドウッド神経科学研究所(Redwood Neuroscience Institute=RNI)」で研究者たちと浴びるほどビールを飲んだ末、辿り着いた新しいAIのコンセプトです。要素を識別し、要素間の関係を学び、まるで子どものように結果を予測する…。

仮に、

1.こんな邪悪なロボ(名前はHALなんとか、Skyなんとか?)が生まれて、

2. そいつに誰かが大陸間弾道ミサイル(ICBM)のキーを渡し、

3. 核大量投下で世界滅亡、なんてことになったら、

4. 「あの3人を消せ」とタイムマシンで未来から刺客が… 

なんて考えすぎ?  (原文/翻訳:satomi)

First Hardware to go through Evolution Developed [Bits of News via Dizzy Thinks]

プロジェクト専用ページ [Oslo University]

The Thinking Machine [Wired]