浮いてるカバナ

浮いてるカバナ 1

 

カバナ。辞書には「小屋、更衣所」とありますけど、アメリカやメキシコの高級リゾートでは砂浜やプールサイドに並んだガゼボ(東屋)のようなセミプライベートな空間を指します。リクライニングチェアとテーブルなんかをセットで貸し切って過ごす昼下がりは極上の贅沢。アメリカ人が「カバナ」と聞く時の反応は日本人が「温泉」と聞く時のそれに近いかもしれません。

このカバナ。レンタル100ドルとか費用も馬鹿にならなのがたまにキズ。「ならば」ということで、どこぞのジーニアスが考えてくれたんでしょう。「フローティング・カバナ」のご登場です。

レンタルしなくてもカバナができる画期的な水上デバイスです。カバナ借し切りのお金持ちカップルを酒の肴にしながら水上で宴会が楽しめます。耐久性に優れたPVC、6人収容。体重1020ポンド以下なら大丈夫、沈みません。ナイロンのひさしで日差しをブロックできるほか、クーラーでスナックも適温に保てますよ? 浮いてるラジコンとセットで使いたい。

真ん中に穴が開いていて、そこからプールにザブンもできます。ニコール・リッチー並みに華奢な体じゃないと無理ですけど。価格300ドル弱。どこぞの沖で酔い潰れても執事が海岸にちゃんと呼び戻せるよう、リモコンがついてたら文句なし? 

Ad Dugdale (原文/翻訳:satomi)

Product Page [Hammacher Schlemmer via New Launches]