ナショナル「けむり当番」「ねつ当番」:声で知らせる火災警報機

ナショナル「けむり当番」「ねつ当番」:声で知らせる火災警報機 1

 

消防法の改正により、最近の新築住宅では火災警報機の設置が義務化されているそうです。知ってました?

そんな家庭向けの火災警報機が、ナショナルの「けむり当番(SH4400P)」「ねつ当番(SH4600P)」。なんといっても特徴は火災を音声で知らせてくれる機能。警報音はとともに「火事です、火事です」と音声が鳴り響きます。

電源もリチウム電池1個で約10年持つ長寿命で、しかも電池交換の時期も音声でお知らせしてくれる機能つき。最近は住宅火災が増えているそうですから、安全対策に備えておくのもいいかも。

これらの新タイプは、7月1日に発売予定です。  (山沢健太郎)

けむり当番、ねつ当番[ナショナル]

【関連記事】 しゃべるUSBメモリ:「SoundDrive」

【関連記事】 心肺蘇生はCPR手袋の言いつけに従いましょう。

【関連記事】 花ことば:植物の言葉を翻訳する小人