2012年から来たHPのスリークなコンセプトモデルたち

070501hpconcepts_front.JPG

 

のっぺらぼうなノートパソコン。

キーボードはどこに…?

あまりにスタイリッシュで、どこをどういじっていいものやらなヒューレットパッカード(HP)の未来型コンセプトモデルです。2012年、すべての端末は繋がる―。テーマは「Always Connected(いつも繋がっていたい)」。

世界ツアー『HP Mobile Innovation Tour』でお披露目中らしく、こないだはインドのムンバイで途中下車したようですね。フレキシブル・ディスプレイ、スマート・シェルフ、メディア・ハブ、デジタル・ウォレットと亡霊のようなノートパソコンと、どれをとってもなかなかクールです。開発に10年かかりそうなのも混じってますよ?

それぞれの詳細イラストは「続きを読む」でどうぞ!

 

2012年から来たHPのスリークなコンセプトモデルたち 1

media-mat-open

 

2012年から来たHPのスリークなコンセプトモデルたち 2

watch-open

 

2012年から来たHPのスリークなコンセプトモデルたち 3

tablet

 

2012年から来たHPのスリークなコンセプトモデルたち 4

shelf

 

2012年から来たHPのスリークなコンセプトモデルたち 5

pen

 

? Charlie White(原文/翻訳:satomi)

HP 'Always Connected' Concepts [Tech Ticker]

【関連記事】 HPのインクより血の方が安いという現実

【関連記事】 HPデジカメの「スリミング機能」:スライダーでみるみる痩せる

【関連記事】 絶滅予想「WiFiフォンは2012年までにほぼ消える」

p.s. 関連記事のリンク切れ修正しました! N村さん、コメントありがとうございました。