「銀紙」で包まれた「銀閣寺チョコ」

「銀紙」で包まれた「銀閣寺チョコ」 1そういや確かにチョコレート色してますね、銀閣寺って。

こちらは、銀閣寺の形をしたチョコレート銀紙で包んだアート作品。まあ、一種のダジャレですわ。

今、話題の東京ミッドタウン。その中にある美術館「21_21 DESIGN SIGHT」では、「チョコレート」という企画展が開催されています。ディレクションは、±0で有名なプロダクトデザイナー深澤直人氏で、約30組のクリエイターが70点を超える作品を出品しているとのこと。

で、この「銀閣寺チョコ」も展示品のひとつで、鈴木康広氏の作品です。でも、ホンモノの銀閣寺は通称で、実際に銀箔は貼られたことがないというのが面白いですね(参考:慈照寺 - Wikipedia)。

他にも、あの手、この手でチョコレートの存在を主張する作品が勢ぞろい。チョコ好きにはたまらない内容…というか、もちろん展示作品は食べられないので、逆の意味でたまらないのかもしれません。

入場料は一般1000円。7月29日(日)まで開催しています。  (編集部)

公式ホームページ [21_21 DESIGN SIGHT]

【関連記事】 とろけてニキビも出るiPodチョコ

【関連記事】 iPhoneチョコ:ギークにプレゼントするのは待って!

【関連記事】 虫歯をテーマにした斬新な腕時計「CAVITY」