米軍はプラズマのシールドも開発中らしい。

070508plasmashield.JPG

 

エスキモーの家?

手榴弾ロボから麻痺サーチライトまで世に送り出してきた米国防総省DARPAが、またまたこんな「Plasma Acoustic Shield System」を作ってるようです。

ダイナミック・パルス・デトネーション(DPD=dynamic pulse detonation)なる技術をベースに、レーザーパルスを集中させ放射プラズマボールを生成。レーザーパルスで超音波のショックウェーブをプラズマ内に巻き起こし、眩しい光大音響で敵をひるませる装置…らしい。

因みに製造元のStellar Photonics社では1.6km以上離れた敵を倒す重量15kgのレーザーライフル銃も一生懸命、軍部に売り込んでるようです。

Matt Buchanan (原文/翻訳:satomi)

Plasma shield may stun and disorientate enemies [New Scientist Tech via Slashdot]

【関連記事】 米軍の次なる戦力は空飛ぶ円盤(動画)

【関連記事】 動くものは無差別に乱射するロボ兵器「Metal Storm」(動画)

【関連記事】 貼るだけで照明になる「SuperFlex」