冬時間と夏時間のミスで12日間、投獄された少年

冬時間と夏時間のミスで12日間、投獄された少年 1コーリー・ウェッブ君はピッツバーグに住む15歳。

こないだ、ちょっとした行き違いがもとで12日間独房で過ごす羽目になった可愛そうな少年です。

なんか彼が学校の緊急通報に電話をかけた、そのちょうど1時間前に時限爆弾の予告があっただけなんですけど、留守録がたまたま冬時間のままだったため1時間の狂いがコーリー君を犯人に仕立て上げてしまったようなんです。

春と秋、時間が切り替わる時分には少々のミスは出ますけど、刑務所に入れられちゃうなんて話は初めて聞きましたねー。

無実とわかって結果オーライですけど、彼にしてみりゃ「僕の12日間を返して!」ってなもんでしょう。

-Travis Hudson (原文/翻訳:satomi)

Boy jailed over clock change mix-up [Via Gadget Lab]

【関連記事】 しばし黙想

【関連記事】 謎が謎を呼ぶ「盗まれたMacBookから犯人の写真がFlickrに自動アップロード」事件に進展、犯人から連絡?

【関連記事】 先週の偽ジョブズ目撃情報のまとめ