折り紙を使った楽器(動画)

 

先日紹介したニューヨーク大学のインタラクティブ・コミュニケーション・プログラムの学生による卒業制作作品のひとつです。

折り紙を使った楽器、とでもいいましょうか。紙を折りたたむことで、センサー同士が反応し、人の声の音声が聞こえてきます。紙の折り方によって違うセンサーが違った形で重なり、それによって和声も変わってくるという仕組み。

催眠術的な魅力があります。動画で確認してみてください。

【関連記事】 折り紙より簡単な模型工作

【関連記事】 カエルパペット型電子楽器「ケロミン」

【関連記事】 エアギターで音を出すTシャツ