どこか懐かしい中国の次世代自転車

どこか懐かしい中国の次世代自転車 1中国の経済産業省が主催している「International Bicycle Design Competition」。世界各国から応募を受け付ける国際コンペで、こちらは2006年の受賞作品です。

妙に目の粗いCGなのはさておき、「こんなこといいな」なデザインが世界各国から集まった模様。

大賞を射止めたのはNetherlands在住のAlbert-Jan van Dijkさんの作品、「Spike」。ロングスカートのお嬢様でも軽くまたがれるフレームワークが、これからの中国に必要なのでしょうか? 

続きを読む」で、他の入賞作品を紹介しましょう。

どこか懐かしい中国の次世代自転車 2

こちらは準優勝。あれれ、本当に低いフレームを好んでいるようですね。

 

どこか懐かしい中国の次世代自転車 3

ボードの形状を見るに、エクストリームな走りもできそうな4輪ケッタ。

 

どこか懐かしい中国の次世代自転車 4

スタッキング可能なフロントのカゴは、いいアイディアですね。

 

どこか懐かしい中国の次世代自転車 5

かわいいっ! でも泥ハネをつけて帰るとおかーさんに怒られそう。

どこか懐かしい中国の次世代自転車 6

キャンピングカーならぬ自転車です。後部はやっぱりベッドなんですかね?

ちなみに今年度も募集はしているようですが、応募の詳細がいまいちわかりませんでした。新しい受賞作も気になりますね。  (武者良太)

International Bicycle Design Competition

【関連記事】 ルームランナー型自転車

【関連記事】 箱男のようなブリーフケース自転車

【関連記事】 全身で漕ぐほかない自転車「Hyperbike」