進化した手書きパッド、電子辞書に

進化した手書きパッド、電子辞書に 1

 

シャープの電子辞書「Papyrus」。名前は古代エジプトみたいですけど、中身は21世紀の最新モデルです。

前モデルで好評だった手書きパッドが進化。手書きパッドに1枠と2枠の切り替え機能が付きました。たとえば画数が多い文字の場合は手書きパッド全体を使う1枠で、連続した文字を入力したい場合は手書きパッドが2文字分に分割される2枠で、というように状況に応じて使い分けができます。

使用イメージはこんな感じです。

 

進化した手書きパッド、電子辞書に 2

 

また、SDカードスロットを装備。SDカードに保存した音声ファイルを再生できる機能を搭載。英語の発音を聴くのもよし、お気に入りのアーティストの曲を聴くのもよし。いろいろな使い方ができる電子辞書です。

搭載されているコンテンツは100種類。困ったときに開いて手書きでササッと文字を入力すれば、あっという間にその意味がわかります。

気になるお値段オープン価格。発売は6月8日の予定です。  (三浦一紀)

PW-AT760[SHARP, 楽天

【関連記事】 ゾンビの新しい弱点は「漢字」です

【関連記事】 カシオ「XD-SW4800」:手書きで調べられる電子辞書

【関連記事】 中国全土用? スタイラスで文字入力できるマウス