空を羽ばたく翼竜「Pterosaur」のラジコン

070523RCdino.JPG

 

裏庭をジュラシックパーク3に。

War GamesのDr. Falkenのように手作りの翼竜を自由に操ることができるラジコン「RC Flying Pterosaur」です。

写真は、グリーンのお腹がぷっくり膨れたデュラブルフォーム(ウレタン製)のバージョン。公園でもキュービクルでもグライディングできるって製造元のFirebox社は言うんだけど、まだ「飛んでるとこ見た」という目撃情報はありません。停まってる写真なら米Gizmodo読者さんが見つけてくれましたけど。

目を血走らせて、やる気満々なんですけどね…。

価格69.95ドル。商品情報と写真3枚は「続きを読む」でどうぞ。

 

070523RCdino2.JPG

・対象年齢8歳以上

・充電所要時間約30分

・飛行時間約10分

機能

・ LEDライト

・ 屋内外の飛行に対応

・ 全方向飛行が可能

・ 衝撃を吸収するデュラブルフォームのボディ

・ リモコン(携帯用高速チャージャーつき)

サイズ(インチ)

・ 約13.1/2(W) × 3.1/4(H) × 17.1/4(D)

電源

・ リモコン 6 × 単3(AA)電池(別売)

・ アルカリ電池が最適です。

使用上の注意

・ Pterosaurを飛ばすと周囲の人に伝えてから飛ばしましょう。

・ 見晴らしのいい広場で飛ばしましょう。

・ 高圧線の下で飛ばさないでね。

・ Pterosaurは雷雨のとき飛ばさないでね。

・ Pterosaurは顔から遠ざけて飛ばしましょう。

・ 人や動物に向けて飛ばさないでね。

・ 電池をPterosaurに入れる時はプロペラに指を巻き込まれないように注意。

・ RC Flying Pterosaurには充電セルが入ってます。Pterosaurから液漏れが確認された場合には目に入れないようにしてPterosaurを廃棄してください。

? Wilson Rothman (原文/翻訳:satomi)

Product Page [Firebox via Coolest Gadgets]

【関連記事】 Tレックス:恐竜の王者対決

【関連記事】 「スモールジュラシック」:世界最小の恐竜ラジコン

【関連記事】 「Dragon Skin(竜の皮膚)」で身体を守る