[Wozmodo #03]ウォズの時計は並みのギークとはワケが違う(動画)

 

両手に別々の腕時計をつけてるウォズ。

キーワードは古いもの新しいもの、です。

右手は未来過ぎるLEDバイナリ腕時計ですね。

「(2進法で)上の1001が9時、下の1101が13分なんだよ」とウォズ。

左手は日本でも「遠藤諭の東京カレー日記」さんとかがいち早く紹介してた、レトロ過ぎる真空管のNixie腕時計です。「初期の電卓表示で使われてた100ボルトの真空管」とやらで、毛むくじゃらの腕を回すと時・分・秒の順に真空管のフィラメントが光るんです! 価格はここ見ると395ドルですね。

「どうだ、これならひと目で分かるだろ? 考えなくていいのさー」とウォズ。

(カンニング用に使っちゃいそうですけど…)

今週はスティーブ・ウォズニアック独占インタビューの動画をマツタケのように細切れにお届けしておりますが、「タコのないタコヤキやんけ!」とクレームが飛んできそうな動画もある中、このウォッチ拝見編は米Gizmodoでも注目度高いですねー。こんなギークなドーナッツ時計、似合うのってウォズぐらいのもんでしょう。

Adam Frucci(原文/satomi)

(動画提供:Richard Blakeley

【関連記事】 [Wozmodo #01]ウォズが語るアップルのファンボーイズム(動画)

【関連記事】 [Wozmodo #02]ウォズが語るiPhone(動画)

---

【関連記事】 [Wozmodo #04]ウォズのケータイ拝見

【関連記事】 [Wozmodo #05] アップルを外野から見守るウォズ(最終回)