YouTubeの「Pay for Play」は革命の起爆剤になる?

YouTubeの「Pay for Play」は革命の起爆剤になる? 1

動画をアップしてお金がもらえるんなら、こんなうれしいことはないんでは?

そんなレベニューシェアモデルの導入をYouTubeが検討中のようです。

YouTubeで人気が証明されたシリーズ番組の製作者だけ参加できる優待プログラムで、先発はビデオエッセイストLisaNovaさんなんかですけどね。

前にも同じアイディアは出てますが、今回はユーザーからも広く参加希望を募っていくみたい。ひょっとするとひょっとする?

クリエーターというのは自分こそは「巨匠」と自負している生き物なので「選ぶ・選ばない」の選考基準でひと悶着ありそうですけど、考えてみたらこれって革命的なことで、再生のたびに製作者にお金が落ちるんならハリウッドと縁のないボランティアとかからもいろんな才能が出てきそう…。

製作者とサイトが収益を分け合うレベニューシェアではRevverが先行しています。最近はMetacafeなんかも人気。で、見てみると最初からビュー数狙いの作家さんはやはり企画・構成ともに違うような気がします。そんなわけでYouTubeの動向に注目!

Charlie White (原文/翻訳:satomi)

YouTube starts paying 'select' uploaders [The Register, via CrunchGear]

【関連記事】 腕時計にYouTubeの動画を仕込む方法

【関連記事】 YouTube、テレビ番組を持つ?

【関連記事】 「僕のダンスを間違えて踊るな」と振付師がYouTube動画削除勧告(動画)