PCトランスポートを実現する美音系レシーバー

PCトランスポートを実現する美音系レシーバー 1

 

最も高価なUSBオーディオインターフェース、なのかな?

パソコンをミュージックトランスポーターとして利用する場合、プロ用・レコーディング用機器を用いるのが一般的。しかし質実剛健すぎて振り幅の少ない機器たちゆえに、その原音忠実再生に特化しすぎたきらいがありました。192kHz以下のMP3の大変なこと大変なこと。

遊び心のないモニター調のサウンドがイヤで「やっぱり音楽はオーディオ機器で、かなー」と20世紀を振り返りがちな方、これからはもう大丈夫ですよ。Auraの「Note」を使えば「俺は情報としての音が聞きたいんじゃない! 音楽が聴きたいんだ!」な願いを叶えてくれます。

続きを読む」をクリック以降に、もっとくわしいカタチをご紹介しましょう。 

PCトランスポートを実現する美音系レシーバー 2

 

PCトランスポートを実現する美音系レシーバー 3

 

PCトランスポートを実現する美音系レシーバー 4

 

PCトランスポートを実現する美音系レシーバー 5

 

一度見たら記憶にすり込まれるエクステリアは、1997年に作られながらも日の目を見ることのなかったモックアップをオーラデザインジャパン主導のもとに復元。CDプレーヤー、ラジオチューナー、USBオーディオ、DAC、アンプなど、スピーカー以外の必要性能を1台に圧縮しています。

気になるお値段は、定価で28万3500円とかなりのモノですが、レコーディング用USBオーディオインターフェースから揃えることを考えると、むしろ格安かも。  (武者良太)

NOTE[Aura]

■この商品を楽天で購入

【関連記事】 BEHRINGER「iAXE393」:USB端子を装備したエレキギター

【関連記事】 USBターンテーブルでレコードを楽々リッピング

【関連記事】 行灯かと思ったらUSBスピーカー