1960年代の「TVヘルメット」コンセプト

1960年代の「TVヘルメット」コンセプト 1

 

レトロフューチャーは格好いいと相場が決まっています。

これは、Walter Pichlerというアーティストが1967年に作った「TVヘルメット」です。

ブラウン管の関係でこんなにデカくなってるんですかね? 残念ながら近頃のトレンドとしては、頭に取り付けるディスプレイももう少し小さくなってしまっています。

ポリエステル、プレキシガラス、ポリ塩化ビニルなどでできたこのヘルメット。被ったらどんな映像が見えるんでしょうね?  Brian Lam(MAKI/いちる)

TV-Helmet [WMMNA]

【関連記事】 「Cuboglass」:つけてないときはアートになるテレビ

【関連記事】 懐かしいカタチ:「テレビ型アラームクロック」

【関連記事】 360度パノラマヘルメット