壁がおかしいのやら、目がおかしいのやら(動画)

 

ビルの壁がみるみる360度回転します。

これはイギリスの著名彫刻家リチャード・ウィルソンが手がけた作品『Turning The Place Over』(後援・英リバプール市)。Moorfield駅に面した老朽ビルの壁から直径5mくり貫いて、強力な回転軸を取り付けました。

「見る人のアゴが落ちる限り、記憶に残り、賞賛されるだろう」、リバプールビエンナーレのディレクターも自信満々です。「アゴが落ちる(jaw-dropping、口あんぐり)」、まさにそんな感じ。

ウィルソンといえば代表作品「20:50」は油貯めの中に身を置くインスタレーションでしたけど。

6月20日から18カ月間の公開を予定しています。

予算90万ドル。てことは月5万ドル!? …通行人のアゴ落とすのも楽じゃないですね。

– Ad Dugdale (原文/satomi)

City's new room with a view - but is it art? [icLiverpool]

【関連記事】 うねる風車ビル『Windscraper』

【関連記事】 太陽の傾きに応じて、家全体が回るヒマワリ屋敷「Heliotrop」

【関連記事】 「Berlin」:回転する暖炉