動物の骨の動きを3Dアニメーションでシミュレート

動物の骨の動きを3Dアニメーションでシミュレート 1

 

骨の動きをリアルにシミュレートする技術です。

脊椎動物の形態学を研究している、Brown大学のElizabeth Brainerd博士と同僚たちが、そんな技術を開発しました。名前は「CTXイメージング」。まず、対象の動物のCTスキャンを撮ります。次に、2方向から高速連射にてX線撮影を行います。これらのデータを専用のソフトで掛け合わせることによって、骨が実際に動いている3Dアニメーションを作ることができるといった仕組みです。結果としては以下の通り↓

 

動物の骨の動きを3Dアニメーションでシミュレート 2

 

あらゆるアングルから見ることができます。1秒あたり1000フレーム、コンマ1ミリまで撮り分けてるそうです。

Brainerd博士によれば、この技術によって「骨の長い軸の回転や、小動物の骨の曲げ方など、骨の運動について、さまざまな角度から研究することができる」とのこと。すごい。色んな動物で見てみたいですね。  – Jesus Diaz(MAKI/いちる)

画像提供: D.B. Baier for the Alligator and S.M. Gatesy for the bird.

Down to the bone [Popsci]

【関連記事】 NVIDIAによる、バーチャル3Dセレブ(動画)

【関連記事】 クリスタルの中に自分の顔を3Dで掘り込む

【関連記事】 ミルクを利用して立体をスキャンする「the Milkscanner」(動画)