Safari for Windowsに大量のセキュリティバグ

Safari for Windowsに大量のセキュリティバグ 1

 

なぜアップルがWindows用のSafariをリリースしたのか、その謎が解明された気がします。

出たばかりのSafari for Windows β版で、相次いでセキュリティバグが見つかっています。現在のところは6つ。4つはSafariをクラッシュさせるもので、2つはWindows自体を乗っ取ってしまうというもの。

きっとジョブズは、Windowsのセキュリティ関連のジョークがあまりに多いのに嫉妬して、「アップルも追従しないと!」と思ったのでしょう。同様のセキュリティバグがOS X用のSafariにも存在するのかどうかは不明です。

まあベータですからね。これからベターになっていくんだと思います。

– Ben Longo(MAKI/いちる)

Security researchers: Safari for Windows not so secure [CNet]

【関連記事】 Safari新情報のまとめ

【関連記事】 Safari 3をWindowsでいじった感想

【関連記事】 WWDC07 スティーブ・ジョブズ基調講演