映りすぎて困るWebカメラ

映りすぎて困るWebカメラ 1

 

もう、会議の度にどこかに集まるのなんてナンセンスなのかもしれません。

「プロジェクトフォン・フィッシュアイカメラ」はヤマハが開発したWeb会議用システムのオプションWebカメラです。

このカメラ、魚眼レンズを搭載し360度パンできます。しかも、同社のテレビ会議システム用マイクスピーカー「プロジェクトフォン」に搭載された「話者位置検出機能」と連動することで、その場に複数の人がいても、話した人に対して自動的にカメラが動いて映すことができるのです。

複数人同士のWeb会議にもってこいのWebカメラですね。東京のチームと札幌のチームなんていう、複数対複数のWeb会議で威力を発揮します。わざわざ東京チームが札幌に出向く必要もありません。

気になるお値段。10万290円。発売は7月末の予定です。  (三浦一紀)

製品HP [ヤマハ]

【関連記事】 お風呂の鏡がWebカメラ

【関連記事】 可愛らしいWebCam:「Happy-Kid webcam」

【関連記事】 限りなく「目玉親父」なウェブカム