「Advanced/W-ZERO3[es]」は、大和郡山ブランド!?

070607IMG_0869.JPG

 

「大和郡山!」と松平健さん似にいわれても、少々困惑してしまいますが…

 

4月12日からティーザーサイトで告知されていた、WILLCOMの新端末がついに発表されました。

その名は「Advanced/W-ZERO3[es]」。今度のシャープ製品は、大和郡山の工場で作られているようですね。

「よりケータイとして使えるSMART PHONE」をコンセプトに開発された「Advanced/W-ZERO3[es]」本体。従来の[es]に比べ、より小さく、女性にも使いやすいアイテムになっているようですよ!

本体の詳細写真、レポートは「続きを読む」からどうぞ!

…それにしても、「大和郡山」って…ドコ?

 

070607advancedes01.jpg

 

やや小振りになった本体。

 

070607advancedes02.jpg

 

QWERTYキーを開いたところ。

 

070607advancedes03.jpg

 

外形寸法は幅約50mm×高さ約135mm×厚さ約17.9mm(最薄部)。重量は約157g(充電池含む)。

W-ZERO3[es]、Advanced/W-ZERO3[es]、nine[es]、nineと比較すると、ちょうど両端末の中間程度に。

 

070607advancedes04.jpg

 

横に並べてみました。こちらも左からW-ZERO3[es]、Advanced/W-ZERO3[es]、nine。

 

070607advancedes05.jpg

 

QWERTYキーを開いたときのサイズの差も、歴然としています。

 

070607advancedes06.jpg

 

機能面で最も特徴的なのがダイヤルキー上にあるジョグダイヤル「Xcrawl(エククロール)」。タッチパネル・ダイヤルキー・QWERTYキーの3つの入力方法に、Xcrawlが加わり、感覚的な操作から長文入力まで快適に行えます。

プレインストールされているGoogle MapsもXcrawlで直感的にスクロール可能。QWERTYキーを使用しているときにもXcrawlは使えるので、大きな画面のサイトをブラウジングする時もラクラクです。

 

070607advancedes07.jpg

 

本体に付属するスタイライスは独特の形状。本体を横にしたときにも使いやすくなっています。ただしストラップは付属しないとのこと。タッチスクロールにも対応し、地図やブラウザもスタイライスで画面をスライドすることでスクロールできます。

 

070607kingyo.jpgちなみに大和郡山とは、奈良県北部にある都市(参照:Wiki )。とにもかくにも金魚の養殖が盛んなようで、きっと水がきれいなんでしょうね。

そうそう、来る8月19日には、第13回「全国金魚すくい選手権大会」が開催されるようですよ!  (常山剛)

 

 

製品情報 [WILLCOMSHARP]

ニュースリリース [WILLCOMSHARPMicrosoft]

【関連記事】 WILLCOMから夏の新作と新色が発表

【関連記事】 WILLCOMのコンセプトモデルを見てきたよ(前編)

【関連記事】 WILLCOMのコンセプトモデルを見てきたよ(中編)

【関連記事】 WILLCOMのコンセプトモデルを見てきたよ(後編)