日本の名機「YS-11」のDNAを継承した自転車

日本の名機「YS-11」のDNAを継承した自転車 1

 

日本航空機「YS-11」の元技術者、白井健次さんが開発した折畳み自転車「YS-11」です。ちなみに航空機「YS-11」の勇姿は、こちら。

 

日本の名機「YS-11」のDNAを継承した自転車 2

この自転車のなにがすごいって、驚くべきはその軽さ。アルミフレームを採用した一番軽いモデルだと、なんと7.3kgと、10円のチロルチョコ1000コ分ちょっとほどです。4階立て雑居ビルの4階に部屋があるような家庭でも、階段での上げ下ろしが楽になるでしょう。

しかも、航空機「YS-11」の構造を参考にしているため、強度も抜群なんだとか。

気になるお値段は4万9350円からです。

続きを読む」では、自転車の詳細に迫りますよ!

 

日本の名機「YS-11」のDNAを継承した自転車 3

標準シートポストは140~170cmの方に向いています。ハイタワーな人はオプションの500mmシートポストも合わせて注文すると幸せになれそうです。

 

日本の名機「YS-11」のDNAを継承した自転車 4

軽さの秘密は、コイルスプリングを内蔵したフレームをはめ込むタイプの折畳み機構にありそう。フレームのしなりを防いで強度を上げ、耐久性を高めるために必要なゴツいヒンジを排せるだけでも違うのでしょうね。

 

日本の名機「YS-11」のDNAを継承した自転車 5

もっと安いモデルはないの!? という方には「コイツ」ライトをどうぞ。ハンドル部しか折畳みができないモデルですがお値段は3万9900円から。コリブリ16の生産が終わったいま、貴重な存在です。専用のキャスターつきバッグも発売されるそうですよ。  (武者良太)

YS-11シリーズ[(有)バイク技術研究所]

【関連記事】 悪路だらけの人生に2WD自転車を

【関連記事】 箱男のようなブリーフケース自転車

【関連記事】 どこか懐かしい中国の次世代自転車