1周年のご挨拶

    1周年のご挨拶 1

     

    ギズモード・ジャパンが、本日、めでたく1周年を迎えることができました。

     

    これもひとえに、いつも読んでくださっている皆様、コメントや各種ブクマをくださる皆様、お友だちに「これ面白いから読んでみ」と薦めてくださっている皆様のおかげです。ホントありがとうございます(涙)。

    最近、いろんなところで「ギズモード見てますよ」と言われることが増え(先週末は、某所でたまたまお会いした飯野賢治さんにそう言っていただきました)、その度にスタッフ間で報告しあって喜んでいます。はてブなどでナイスなコメントを見つけたときは、嬉しさのあまり思わず画面キャプチャしそうになります。

     

     

    1年前、急にインフォバーンの小林弘人会長(こばへん)に、「ギズモードの編集長やってくれない?」と言われたときは、どんなサイトにしたらいいのか、全くイメージがありませんでした。最初は僕とMAKIさんの2人だけで、ぶっつけ本番でいきなりスタートしてみたのですが、その後「生まれつきギズモードのノリが判ってるんじゃないか?」と疑いたくなるようなライターが続々と参加してきて、アッという間にバリエーション豊かで、かつギズモードらしい記事が並ぶようになっていきました。

    また、この1年は、ガジェット界でも数年に1度じゃないかと思われるようなビッグタイトルのリリースが、連発した年でもありました。PS3、Wii、Zune、Blu-ray、トランスフォーマー、そしてiPhone。これらの新製品発売前後の世界の盛り上がりを、リアルタイムに日本語で伝えることができたのも、とても楽しかったです。

    次の1年に予想できるのは…iPhone nano、第6世代iPod、Zune nano、PSP2、iPhoneやZuneの日本発売、くらいですかね…この1年に比べるとインパクトが弱いですね。何か予想外の特大ニュースが出てこないかな。任天堂PhoneとかPS4とか携帯版XboxとかUMPC MacとかGoogle Phoneとかテガッキー2008とかSidekick日本版とか。あと何がありますかね?

     

     

    この1年、このようなサイトを運営していきながら、個人的には、世界と僕たちとの距離が、なんだか縮まったような気がしています。他国の人たちも僕たちと同じようなモノを同じように役に立つと感じたり面白いと思ったりしているし、日本の中に、世界で面白がられるようなネタがまだまだたくさん転がっていることにも気づいたし。結局みんな一緒なんだなと感じています。

    そんな気分を、これからも読者のみなさまと共有できたらいいなと思います。次の1年も、どうぞよろしくお願いします。

     

     

    最後に。ギズモードは、ステキな読者のみなさまと、ステキな広告主さま方の支えで運営されております。いつもありがとうございます。

    おかげさまでアクセス数も順調に伸びており(7月は320万PVくらい)、広告出向のご依頼も多数いただいております。秋ごろにはサイトのデザインも一新し、より見やすくより楽しげなサイトにする予定です。

    もし何か記事ネタのタレコミ情報をお持ちだったり、広告の出稿をご検討いただけるようでしたら、いつでもお気軽にご連絡ください(サイドバーに連絡先が書いてあります)。お待ちしています!

     

     

    ギズモードスタッフ一同(小林、長田、いちる、海宝、MAKI、satomi、junjun、武者、三浦、常山、山沢、西尾、野間、かつどん、nariyuki、草皆、寺戸、國光、甲州、池上、土井。文責:いちる)

    [Baby's name is Tesla from Kokochi. thx!]