サラダみたいなスポーツカー「Eco One」

070727EcoSpeedster1.JPG

 

小麦砂糖大根で時速150マイル! グリーンな上に4秒で時速62マイルに立ち上がる俊足のスポーツカー「Eco One」(4万1000ドル)です。素材はじゃがいも、カシューナッツの殻、シードオイル…と、まるでサラダボールですよ? どうなってんでしょう?

詳しいレシピと写真が見たい方は「続きを読む」でどうぞ。

 

070727EcoSpeedster.JPG

 

Eco Oneは学生ベン・キング(Ben King)さんが、英Warwick Manufacturing Groupの研究者ケリー・カーワン(Kerry Kirwan)博士の設計を土台に2ヶ月で組み立てました。エンジンはバイクのTriumph Daytonaのを使ってます。

「種から育つ高性能自動車。文字通りそんなものが作れるんなら普通のファミリーカーで何ができるか想像してみるだけですごいですよ」
とベンさん。

Eco Oneは95%が分解か再利用可能です。さすがにハンドルとシート、電子部品は普通の車のものをそのまま利用してますけど、プラスティック部品はすべて植物から作られていて、車台は再利用が簡単なメタル素材の鉄でできています。

本技術をモーターレース向けに発展させたい人もいるようで、Warwick Manufacturing Group広報の方の話によると、「モータースポーツ業界のいろんな人と交渉中」とのこと。楽しみですね。

8月28~30日イギリスの国立科学博物館に展示されるようですから、この夏ロンドンご旅行の方は是非。

-ADDY DUGDALE(原文/翻訳:satomi)

[Daily Mail]

【関連記事】 頭冷やして、指先照らす、そんなUSBコネクタセット

【関連記事】 エコでヘルシーな人力フォークリフト!?

【関連記事】 遅くてちょっとしか走らない、ソーラーパワーで動くバイク