iPhoneがFlash対応になるという噂

070706flash_iphone.JPGソースはWSJモスバーグ記者。

じゃあ結局Flash非対応にしたのは技術上のこと? それともビジネス判断? という素朴な疑問が湧いてしまうわけですけど。

アップルはYouTubeが見れると大々的に発表しています。でも見れるのはアップル推奨のH.264コーデック対応の動画だけなんですよね…。

技術的問題だとして、例えば最近公開になったArchosのWi-FiメディアプレーヤーならYouTubeは簡単にブラウジングできますし、Flashプラグイン搭載のOperaブラウザ使ってサイトの動画をキューに加えることもできるんですが、分解したiPhoneを見てもARMプロセッサはガッチリしてますから、Archos 605の処理能力に対応できない、ということでもなさそう…。

これは僕の穿った見方かもしれませんけど、Apple TVのプラットフォームでブラウザを介さずYouTubeを視聴する上で欠かせないのがH.264コーデックで、結局Flashが使えるiPhoneを出しちゃうとグーグルがH.264コーデック採用に首を縦に振らないという判断があったんでは?

まあ、ただ単にアップルとアドビに十分話し合う時間が無かったと考えるのが自然ですけどね。

今はYouTube以外にもFlash使ってるサイト沢山ありますし(ゲーム、メニュー構造に全部Flash採用しちゃってるサイトなど)、みんなが問題にしてるのは、むしろそちらのブラウジング環境ですもんね。

Flash対応はソフトウェアのアップデートで盛り込むようです。以下はモスバーグ記者の知り合いらしき方のコメント。;

アップルが(モスバーグ記者に)語ったところによると、そのプラグインは初期ソフトウェア・アップデートで追加にする計画とかいうことです。たぶん私の予想では今後2カ月の間に起こるのではないかと。

また盛り上がりそうですね。 (原文/翻訳:satomi)

Questions About Apple's iPhone [Allthingsd.com]

【関連記事】 YouTubeの「Pay for Play」は革命の起爆剤になる?

【関連記事】 Googleの、YouTubeやGoogle Videoを活用した映像戦略

【関連記事】 まとめ : iPhone発売! 関連NEWS