座りづらそうだけど、実は機能的な次世代自転車「Oryx Bicycle」

座りづらそうだけど、実は機能的な次世代自転車「Oryx Bicycle」 1

   

わぁお! なめらかなラインが芸術的ですね。

この、Oryx自転車はHarald Cramerという男によってデザインされた、カスタムメイドのタイムトライヤルサイクル。この自転車には、不思議な、そして素晴らしい、さまざまな革新がつまってるのです。

続きを読む」に、詳しい説明と別アングルの写真を用意してます!

 

座りづらそうだけど、実は機能的な次世代自転車「Oryx Bicycle」 2

 

この自転車は、カーボンの複合素材で出来ています。ハンドル、ステム、フォークがすべて1つのピースでできていて、ピボットにつながっています。そして、人間工学的角度から考えられたサドルはフレームに統合されています。シートには通気性が良いように穴があいているから、長時間ペダルをこいでいても、熱くなったり、蒸れたりしません。

また、Yフレームになっているのは、Oryxがショックに強く道路といつでもコンタクトをとれるようにするため。クランクは、リングみたいにデザインしてあり、山形になっているフレームの中には、いくつかのボール型のベアリングが入っています。ホイールはボタンを押すだけで外すことができるから、競争中に時間を節約できて便利でしょ? 自転車に詳しくない人には、ちょっと理解するのが難しいけど…。これは、とことん考え抜かれた、戦うために生み出された自転車なのです!

 

座りづらそうだけど、実は機能的な次世代自転車「Oryx Bicycle」 3

 

-Addy Dugdale(訳: junjun )

[Yanko]

【関連記事】 どこか懐かしい中国の次世代自転車

【関連記事】 箱男のようなブリーフケース自転車

【関連記事】 悪路だらけの人生に2WD自転車を